ボートは通常40〜60人乗り。経験豊富なカンボジア人を同乗させますのでご安心ください。あなたの団体・会社のカンボジア人スタッフも、ご一緒にいかがですか?


カンボジアの水祭りは、カンボジアの伝統行事として最大のもので、古くからの歴史を誇っています。この伝統行事は1990年に復活し、日本人会では翌年1991年より1996年まで、特別参加を続けてまいりました。




水祭りは、本来は収穫祭のようなもので、田植えを済ませ雨季が明け一部では田の刈り入れも始まった頃に、この祭りは執り行われます。今日では、各州毎に選抜戦も行なわれ、また各行政機関の参加や企業の販促活動が盛んになる等、年々大規模になってきています。このカヌーは基本的に寺院に属します。(下記写真:寺院の倉庫で保管されているボート)






今では実際にこのような大人数のてこギボートを使って移動することはありませんが、カンボジアの人々にとっては、雨季になると村や町、都市が一部幹線道路を除き水でふさがれ(つながり)、ボートは必要不可欠な生活手段として大切な役割を持っており、本来は生活に密着した競技でもあります。

期日:2001年10月30日から11月2日(初戦敗退であれば、30日のみで終了です。)
事前練習:スケジュール未定

皆様の奮ってのご参加を、お待ちしております。

2001年8月22日
カンボジア日本人会役員会