日 本 人 会 会 報

通巻第4号

発行/1995年10月  発行人/在カンボジア日本人会役員会

*訃報*

 去る8月8日、日本人会役員の田鹿令子さんのご夫君、メアス チャン リープ氏が亡くなられました。同氏は、ロン・ノル政権が崩壊しポル・ポト政権になった際に、タイの難民キャンプを経て来日され、日本で暮らしておられましたが、1993年のカンボジア総選挙に立候補するために帰国。同選挙によりカンダール州の議員となり活動されていました。ここに、謹んで哀悼の意を表します。

 田鹿令子さんより、日本人会へ手紙を頂きましたので、掲載いたします。

 亡夫メアス チャン リープの葬儀に際しましては、ご真情厚いご弔慰を賜り、厚く御礼申し上げます。享年55歳、祖国を愛し祖国に命を捧げた亡夫の供養の為、娘と共にこの大地に残り、カンボジアの民主主義の発展を見守ります。

 亡夫と歩んだ人生はカンボジア史の如く波乱に満ちた29年でしたが、多くの皆様のご芳情に支えられたものであったと深く深く感謝申し上げます。

*日本人会主催生け花教室から*

 94年、95年に続いて第3回目の日本人会主催の生け花教室が5月よりスタートしました。第1、第2回目と比べて大きく違うところは、月2回ペースで半年間、12回コースとゆっくり長めのスケジュールなこと、(ちなみに第1回は全5回、第2回は全6回の毎週1回で開催されました) また生徒をカンボジア人の方だけでなく、プノンペン在住の外国人の方からも募集することにしたので、予想以上に受講希望者が多く生徒数が倍以上になったということです。

 ここまで順調に回を重ね・・・と書きたい所ですが、初めは何かと大変でした。花器がない、剣山が足りない、机も足りない、生徒が時間になっても集まらない、打ち合わせや前日に夜遅くまで書いた台本通りに授業が進まない等々、教室の開催準備から、3回、4回とレッスンの回を重ねて授業の流れが出来上がるまでの間、次から次にと出てくる問題に、初めて習う側から教える側になった新米教師の私は力不足の焦りと挫折感を味わうことの繰り返しでした。市場で花器に代わるものを捜したり、新しく特注で焼いて頂いたりと、さんざん大騒ぎをして、日本人会役員の皆様や、(前号で紹介されました)他の講師方々に助けて頂き今日までやっとやってこれたというのが本当のところです。

 それから今回の生徒はとても幸運な事に、8月の上旬に日本大使館主催でロイヤルプノンペンホテルで行われたお花の世界ではとても有名な池坊由紀先生のデモンストレーションとワークショップに参加が出来ました。(由紀先生は池坊の次期46代家元を女性では初めて継がれる)いつもの何倍もおしゃれをしたカンボジア人の生徒達が日本の超一流の技術と華麗な生け花に触れて目を輝かしていたのが印象的でした。こんな機会は日本でもそうそうありませんから私も興奮していたのは言うまでもありません。

 教室を覗いて頂くとわかると思いますが皆さん熱心に学んでいますから、最近どの生徒もメキメキと上達して腕をあげています。近々コース終了と同時に学んだ成果を発表する生け花展を開催する予定でおります。生徒の作品と笑顔(私達講師の結晶?!)を見に、どうぞ皆様お誘い合わせのうえ是非いらしてください。

山際 千洋 記

*ボートレース選手募集のお知らせ*

 カンボジア最大のお祭りである水祭りが、今年も11月6、7、8日の3日間行われます。日本人会もこの水祭りの最高イベントであるボートレースに毎年参加しており日本人会の皆様に楽しんで頂いております。皆様、今年も是非ご参加下さい。

 安全のため、出場選手全員に救命具を着用していただいております。

 尚、非会員の方々のご参加大歓迎でありますが、参加料お一人10ドル頂くことになっております。

 選手として参加ご希望の方はお早めに下記担当までご連絡下さい。

   手束(JSRC) 018−810240/64229
   または、最寄りの役員まで

*新会員の皆様*

 今年8月以降、日本人会に入会手続きをされた方々を紹介いたします。

所属先 氏   名 連 絡 先
NHK 田中直宏 018-810076
WFP 忍足謙郎 018-812456
(有)ファーストオペレーターコントラスト 原田和博 017-203421
(株)三坂建設 三坂秀一 018-813680
長崎屋 三坂秀一
ニダ・リーチャロン、ゴロー
018-810840
NEC システム建設 正木信敬
土田芳信
018-812510

*ご投稿のお願い*

 皆様が御存知のプノンペンの御情報をお寄せ下さい。美味しいレストラン、某店でのお薦めメニュー、市場で見つけた面白い物、のんびりとグラスを傾けられる店、子供連れで楽しめる場所等々・・・

 不動産紹介といった大きな情報から、引っ越しなどで家具や食器などを売ります、あげます、買います、そして文通希望(?)といった小さな情報まで、当会報の情報欄に載せる予定です。

 ご投稿、情報のご提供などは、最寄りの役員まで。

*忘年会開催のお知らせ*

 カンボジア日本人会発足以来初めての試みといたしまして、年末に日本人会主催の忘年会を開催することに致しました。

 開催日は、12月2日(土)または9日(土)のどちらかの午後を予定しております。詳細は、開催日時、場所等が決まり次第、追って皆様にお知らせ致します。

 日本でしたら、あちらこちらで忘年会続き・・・と忙しい方も多いことでしょう。娯楽の少ない土地柄です。ここプノンペンでの年末、土曜日午後のひとときを、大いに笑い、楽しんで頂けるよう、隠し芸大会を企画しております。隠し芸は、上手下手の問題ではなく、おこなう方も見る方もいかに楽しく笑えるかであると思います。

 会員の方々、非会員の方々も沢山お集まり頂き、沢山の方々のアイデアいっぱいの隠し芸をご披露頂きたいとお願いいたします。

 隠し芸にご参加くださる方は、右記担当までご連絡下さい。

     渡部(JICA) 015−911337/27474
     または最寄りの役員まで。

 尚、プロによるアプサラなども予定しております。

日本へ帰りたい! 休暇を海外で過ごしたい!!
アウトバウンド
☆海外航空券の手配
☆海外ツアー・ホテル手配

日本からお客さんがくる!
☆ホテル手配
☆送迎・移動手配
☆アンコールワットツアー

旅行に関する、あらゆる情報を取り揃えております。お気軽に、ご相談ください。

FSUN TOURIST
tel/fax 28548 015-914366 代表 長林 昭宏
#82,st126,Phsathmei2,Daunpenh
エフサン ツーリスト

HOTEL SHINWA

小規模ながらビジネス・ホテルとして24時間営業で、
清潔さを第一に、まごころを込めたサービスをさせて頂いております。
カンボジア語はもちろんのこと、日本語・英語・中国語・タイ語の話せるスタッフがお待ちしています。
皆様をはじめ、お知り合いの人達のご利用を、是非お願い申し上げます。

代表  保科 和子

SHINWA CAMBODIA CO.,LTD.
ADDRESS. 48 Preah SIHANOUK Tonle Basak Chamka Mon
TEL ; 018-801-787
FAX ; 23-27745

APEX

マネージャー 三浦 悟

ホテル・航空券・観光・ガイド・通訳・車の手配 その他
旅行手配のご用命・お問い合わせは
エーペックス・カンボジア
へどうぞ

APEX CAMBODIA TRAVEL SERVICE CO.,LTD.
Phnom Penh: #53B Vithey Preah Trasak Phaem, Boeung Riang, Daun Penh
TEL: 27787  FAX: 26595
Siem Reap: #52 Sivutha Road, Siem Reap City
TEL: 57508  FAX: 57994
エーペックス・インターナショナル株式会社
本社/東京 東京支社/関西支社/中部支店/九州支店/東北営業所

TRANSINDO
Transindo Japan Cambodia

当社は、東南アジア、インドシナ地域への一貫輸送会社として、プラント、重量貨物、建設機械、各種車輌、一般貨物海上輸送業、航空貨物輸送業、通関業、サブ・シッピング・エージェンシー業務及び読売新聞販売代理店業務を行っております。

昨年末より東興海運会社と提携し、日本からシハヌークビルまでの直行船を月一船運航しております。

カンボジア国内から世界各地への海上及び航空輸送も手配しております。気軽にご相談ください。

読売新聞月極購読料は100ドルです。購読ご希望の際はご連絡ください。

プノンペン支社:柴崎
住所:STR. 214, No. 46, Phnom Penh
電話:27061, 017-201-614
Fax: 26524
東京本社:内海
電話:0081-3-3454-3391

CAMBODIA GOLF & CUNTRY CULB
=1996年 6月 OPEN=

カンボジア ゴルフ & カントリークラブ がオープン!

 内戦後初めてカンボジアにゴルフ場がオープン致します。在留の日本人会の皆様の余暇を是非ゴルフでお楽しみ下さい。

 メンバーを募集しています。

 現在オープン前、限定会員(法人・個人)を募集しております。

  詳細は、下記へお問い合わせください。

カンボジア ゴルフ & カントリー クラブ
(英語)事務所 23-63666
    移動電話 017-201778
(日本語)移動電話 017-813421(原田)

特集 NGOs in CAMBODIA

 ここカンボジアで仕事をされる日本人の方も多くなり、日本人会発足以来、会員数も増えてきましたが、まだまだプノンペンは小さな町。皆さん、何となく顔見知り。しかし、カンボジアで活動している団体名や会社名は知っているけれど、どのような仕事をされているのか・・・ということは、意外に知らなかったりするものです。

 秋深し 隣りは何をする人ぞ

 ということで、まず最初は、NGOについて特集を組んでみました。

CARING FOR YOUNG KHMER
#43 St.306
連絡先 (23)28042 TEL&FAX
    (018)810261 TEL ONLY

遠藤衛・CYK事務局長
 その素顔を知る人は、多くはないが、一度同席するとあとをひき(?)又会いたくなるCYK若き代表。会計、コンピュータに長け、その方面でのお世話可(!?)

鈴木浩子 保育コーディネーター
 国内外での豊富な保母経験を携え、今年2月、彗星の如くCYKにてデビュー。カンダール県ベンキアンの2つの保育所を担当するかたわら、来年スタート予定のタケオの幼稚園の準備に奔走中。

築地和子 保育コーディネーター
 7月下旬に着任したばかり、若いですが、日本では、養護施設の保母でした。PNH郊外のサムロンクロムで保育を担当しています。

カンポイ・トングナム 織物訓練担当
 カオイダン以来の最古株。知る人ぞ知るクメール系タイ人。通称ピアップ。カンダール プレイタトウ村で女性にクロマー織りから指導しています。

市川真紀 総務、会計
 アドミニのかたわら、織物プロジェクトをサポートしています。1枚5$のCYKクロマーは、少々高価ですが、おみやげに最適。是非オフィスに見に来て下さい。

・持続的農業の普及、人材育成
・持続的農業、環境、農村開発に関する資料、情報センター
・農村開発(カンダール州オン・スノール郡)
・技術学校(プノンペン/シハヌークビル)
・第4社会福祉センター(孤児、身寄りのない人等のためのプノンペン市の施設)支援

第4社会福祉センターの無農薬モロヘイヤ、オクラ/他NGOのクラフトの販売もしています。野菜、お土産は是非JVCで!!

66385
お気軽にお電話下さい!!

JVC 日本国際ボランティアセンター

日本人会 会員ご一同 様
平成7年10月13日
店主 三坂秀一

開店のご挨拶

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。日頃ひとかたならぬご愛顧をいただき、厚くお礼申し上げます。さてかねて準備を進めてまいりました長崎屋が、おかげをもちまして十月二十五日開店営業する運びとなりました。この店は、和食を通じてみなさまの憩いの場としてご利用いただければとの思いより、この地での開店にいたりました。ご多忙中とは存じますが、ぜひ一度お立ち寄りくださいますようご案内申し上げます。

まずは、ご案内かたがたご挨拶もうし上げます。

住所 NO 39,SIHANUOK BLV.,SANG KAT CHAK TOU MOUK,KHAN DOUN PENH
TEL/FAX 28394 HAND PHONE 018 810840

曹洞宗国際ボランティア会
JSRC=SVA (Japan Sotoshu Relief Committee)

 JSRCは1979年のインドシナ難民問題をきっかけに1980年に設立され、難民、少数民族、都市スラムや農村の貧困層の人たちへの教育・文化の支援を通じて人々の自立だけでなく、「ともに学び、ともに生きる」ことを目指しています。

 カンボジア国内では1991年3月に事務所を開設、カンボジアの伝統や風土を尊重し、教育と文化の復興のために次のような活動をしています。

(1)職業訓練事業
 ・カンボジア・日本友好職業訓練所−3ヵ所
  (印刷・縫製・木工・電気の訓練と教材制作)

(2)教育支援事業
 ・学校建設(全県、住民参加型建設と村の開発)
 ・図書館(全県、常設・巡回図書館と教師育成)

(3)文化支援事業
 ・出版(絵本他クメール語図書全般の復刻出版)
 ・精神文化復興(宗教復興、仏教研究所再建、クメール瞑想文化センターの活動支援)

職員:日本人7、タイ人3、カンボジア人115


カタログ・リーフレットの製作
チラシの製作
DM(ダイレクトメール)の製作
ポスターの製作
カレンダーの製作
PR誌・社内報の製作
新聞・ミニコミ紙の製作
雑誌・同人誌の製作
社史・小史・回顧録の製作
原稿用紙・レターヘッドの製作
名刺の製作
あいさつ状・年賀状の製作
封筒の製作
伝票類の製作
手帳の製作
入場券・抽選券の製作
包装紙・手さげ袋の製作
ステッカー・カード・トランプの製作

JSRC Printing House
Tel: 362-248 FAX: 362-258

AAR.Cambodian Committee
(AAR.CC)

Kien Khleang Vocational Training Center
 -Literacy Class
 -Business Class, Accounting Class
 -TV & Radio Repair Crass
 -Moto Repair Class
 -Leather Sewing Class
 -Tin-Smith Class
Mobile Literacy
Wheelchair Work Shop
Craft Shop

ぜひお立ち寄り下さい...

社団法人 日本キリスト教海外医療協力会
The Japan Christian Medical Cooperative service

JOCS

 JOCSはカンボジアをはじめ、医療保健が充分でない地域へ医師・看護婦・保健婦などの医療保健従事者を派遣し、またそれらの地域から医療保健関係の学生・研修生を奨学金などで支えている会員組織の民間団体(NGO)です。

 1960年に設立されたJOCSは日本で最初の民間国際医療協力団体として社団法人の認可を受け、今日までに40名余の医療保健従事者を派遣してきました。

 カンボジアにおいては1989年よりタケオ県バティ郡でこの地域と郡病院とで医療協力活動をすすめております。この地域で私達は様々なプログラムに関わってきましたが、最近、力を入れているのは結核です。特にこの地域は貧しく、結核の患者が多くいるからです。

 JOCSの医療協力は、「共に生きる」精神によって、”草の根”の人々の自立をめざす医療、保健活動をすすめています。

 JOCSの医療協力活動を支えているものの大きな柱となるものに「使用済み切手運動」があります。消印の押された切手を集め、医療協力活動資金の一部にさせていただいております。誰にでも、どこででもできるこの活動に皆様もご協力下されば幸いです。

▲カンボジアの切手

カンボジア・トラスト
The Cambodia Trust Limb Project
有薗 優二
藤井 一幸

・カンボジアの切断者に義足を寄贈し職場復帰出来るようにする。また、寄贈した義足のアフターケアーを行う。

・カンボジア人の義肢装具士の育成。

The Cambodia Trust Limb Project
CAMBODIA TRUST
OXFORD, U.K.

国連支援交流財団
Foundation for the Support of the United Nations, Inc. [FSUN]

 国連を市民の立場から支援していこうと、1988年に誕生したのが私たち「国連支援交流財団」です。

 このカンボジアでは、1991年より活動を開始し、現在に至っています。いわゆる『援助』という考えを排し、お互い『地球市民』の一員であるとの考えの下、カンボジア人が主体となって活動を行なっております。

現在の主なカンボジアでの活動

(1)地雷などで足を失った人のため義足の制作・提供
 プノンペン ブントバイにて義足工場を運営し、今まで約3千本の義足を提供致しました。

(2)ハンディキャッパーのための裁縫教室
 その足の不自由なハンディキャッパーの自活を促すため、洋裁教室を開催しております。

(3)小学校校舎の建設寄贈

(4)灌漑設備の建設

(5)カンボジア人看護婦の日本研修

24 HOUR TELEVISION CHARITY COMMITTEE CAMBODIA

 24時間テレビは全国31社の民間放送が集まって、チャリティー・キャンペーンを共同主催しています。皆さんも御存じの通り、毎年1回「24時間テレビ・愛は地球を救う」を放映しそこからの募金により私達の活動資金が成り立っているのです。皆さんの中にも遠い昔、又は最近、募金をして頂いた方がいらっしゃるかと思います。ありがとうございます。

 その、24時間テレビが、ここカンボジアで活動を始めたのは1981年の事です。現在では、カンダル県カンダルストゥン郡において、住民の健康と医療の向上を目指し活動を行っています。現在の活動は、当初からの郡病院支援活動に加え、より住民のニーズを満たすべく、飲料水の供給、住民参加によるPHC(地域保健活動)を取り入た活動を行っています。

 オフィスはプサー・バンケンコンのすぐ近く!買い物がてらちょっとお立ち寄りくださいませ!!

(#57.St362. Tel:426256)

*桐生 孝之代表
*井上 博夫「井戸担当」
*諏訪 恵子「PHC担当」
*押久保敬子「病院担当」

団体名:アムダ・AMDA

活動内容:1992年6月より駐在員を置き、現在は郵政省及び外務所等からの資金援助を受けながらコンポンスプー州に於ける郡病院支援とプノンペンのシアヌーク病院での精神科病棟支援の活動を中心に、国内避難民村に於ける保育所の運営支援や、カンボジアのローカルNGOが運営する診療所への医師の派遣等の活動も行なっている。

 現在日本人の駐在代表とネパール人の医療調整員と共に7名のローカルスタッフが働いている。

日本料理入門

肉じゃが

(材料)2人分
 じゃがいも 2〜3個
 にんじん 1個
 玉ねぎ 1個
 牛肉 又は 豚肉 200グラム
 砂糖
 しょうゆ

(作り方)
 (1) じゃがいも、にんじん、玉ねぎは大きめに切る。
 (2) 肉は薄切りにする。
 (3) なべに(1)の野菜と水1カップを入れ、火にかける。
 (4) 煮立ったら、砂糖大さじ2を加え、弱火で10分程煮る。
 (5) (2)の肉を加える。
 (6) 砂糖大さじ1としょうゆ大さじ2を加える。
 (7) 時々なべをゆすりながら、野菜が柔らかくなるまで煮る。
 (8) 仕上げにしょうゆ小さじ2を振って、火を止める。

☆加える水分は少なめですが、野菜から出る水分で煮上げるので、ほくほくに仕上がります。
☆カンボジアの牛肉はかたいので、豚肉のほうがお勧めですが、お好みでどちらでも。
☆1カップは、概ねコーヒーカップ1杯です。
☆大さじ1は、シチュー用スプーンすり切り1杯、小さじ1はティースプーンすりきり1杯程。

カンボジア語でのレシピは、作ってもらう時、役立つと思います。